teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新着情報 9月23日付(第12号)

 投稿者:松陵会ホームページ委員会  投稿日:2001年 9月23日(日)08時05分52秒
  新着情報 9月23日付(第12号)掲載内容     
    
    ①  松陵会ホームページ委員長より
     ②  幹事 高橋 豊 (38年卒) より               
     ③  お願い   
      
       ********************************  

【松陵会ホームページ委員長より】        
 
 秋めいてきて、大変しのぎやすい気候になりました。
創立60周年記念事業はあと1ヶ月となりました。関係各位で宣伝
をよろしくお願いいたします。
  平成15年からの新校のネーミングの開始となりました。学校が
大きく変わろうといたしております。
  今回は新校になったときの、 新しい学科の様子を紹介いたしま
した。今後の参考にしていただければと思います。
新しい時代の到来という見地から、 38年卒の幹事高橋豊様に
登場していただきました。
別の視点からの内容で大いに参考になるでしょう。
         
ここで ホームページ上での新着情報をご報告いたします。
 
○  新校の新しい学科の紹介    
 
      ********************************   
      【幹事 高橋  豊  38年卒より】    
        
      [松陵会60周年に思う]

 今年10月20日(土)に松陵会創立60周年記念式典が開催
されるとのこと、また、 く平塚工業高校と平塚西工業技術高校
が合体して、新たな総合技術高校に生まれかわるとのこと、心
からお祝いするとともに新たな発展をお祈りします。

  思えば、約40年前、人生の僅か3年間を平高で過ごした。
当時はクラブ活動が活発で多くの部門が県下で上位を占めて
いた。合宿になると、現役よりも先輩の参加者が多かった。
卒業後にサラリーマンとなると、社内に平高会なる諸先輩の集
まりが存在した。一人一人の個性が強く、強烈な平高の匂いを
感じた。科学と技術、文化と平和、平高校歌の歌詞を胸に、社
会への挑戦を開始したのであった。
 
 この間、世の中は工業社会から情報社会へ変化した。 日本
は高度経済成長を経て、世界の経済大国になった。多くの日本
人が世界で活躍した。平高にも優れた多くの諸先輩がいた。
すでに第一線を退かれた方々もいるが、新たに挑戦を開始した
人もいる。日本経済はバブル崩壊後に不況となった。一人一人
の生活意識が低くなり、将来への夢が無くなったのだろうか?
一方、人と人との結び付きは、地域からグローバルな広がりを
持ち、インターネットを介し、既存の国境を越えて新たな社会の
枠組みを形成している。

  先日のアメリカ国内で起った同時多発テロ事件は新たな国家
との戦いを意識した。そこには目に見えない仮想国家の出現を
感じた。ブッシュ大統領は21世紀最初の戦争が始まったと言っ
た。見えない仮想国家からの奇襲攻撃を受けたと感じたのかも
しれない。平高から日本を見て、日本から世界を見ている時代
ではなくなった。新しく人と人との結び付きを再構築する必要が
ある。歴史は過去との対話であるが、人々の見る夢の実現に努
力することが未来との対話になる。社会は夢を実現する場であ
る。そして、インターネットは地域を超えた対話のツールとなる。
一人一人の個性が善なる夢を持ち、時間軸と空間軸を超え、
グローバルな社会の正と不正を区別する努力が求められている。

 なお、松陵会60年の歴史は、1万5千余名の多くの卒業生を
社会に送り出した足跡でもある。
 同時に、新たな後輩を育成しサポートする必要がある。松陵会
の人脈を後輩の育成に活かすことも考えるべきと思う。具体的に
は、一人一人の諸先輩が求めた夢の足跡を語ってもらうのも良く、
年に1~2回程度の小さな話題提供から始めてみてはどうだろう
か? そこには成功と失敗の一人一人のドラマがあるように思わ
れる。青春時代の高校生活とお世話になった恩師の方々を思
出しつつ、多くの諸先輩と同窓の方々にも感謝しながらの投稿で
した。
  
   *******************************             

 【お願い】           
 新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下
ります。
ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)  
 
 

新着情報 9月16日付(第11号) 

 投稿者:松陵会ホームページ委員会  投稿日:2001年 9月16日(日)08時22分33秒
      松陵会 ホームページマガジン 
  
   新着情報 9月16日付(第11号) 掲載内容     
  
     ①  松陵会ホームページ委員長より
      ②  幹事 伊澤 繁雄  (33年卒) より   
     ③  お願い   
     
      ********************************  

     【松陵会ホームページ委員長より】        
      
      秋の季節になり過ごしやすくなりました。
    卒業後は母校の様子が分からなくなるとのお話が有りましたので
    11月始めに行われる文化祭のご案内をいたしました。詳細が決定
    いたしましたら、順次掲載いたします。
     母校の思い出ということで今回は 33年卒の幹事伊澤繁雄様に
    登場していただきました。
      母校の恩師やクラスメート、部活の仲間等を思い出していただき
    創立60周年記念事業が楽しく有意義な内容になるよう、よろしくお
    願いいたします。
         
    ここで ホームページ上での新着情報をご報告いたします。
  
      ○  母校の文化祭のご案内
     
     
        ********************************   
   
      【幹事 伊澤 繁雄  33年卒より】    
       
           母校への思い出
                            
    昭和30年3月から3年間が私の高校生活、朝鮮動乱の特需が冷め、
  外貨保有高が景気を左右する経済で、31年に決まった東京オリンッピ
  クへの準備へ産業界が動き出していた。                 
            
   そんな3年間の母校への思いは、遥か遠くに、幽かに走馬灯のように
  思い浮かぶ。しかし全てが遠くへ忘れ去ったわけでなく、正直入学式の
  朝、家から駅までのこと、校門を入り案内板通り歩いて1年1組の左側の
  先頭から2番目に緊張して座ったことが、昨日のことの様におもいださ
  れる、同時に自分の廻りの友瓦きの顔も思い出されるのは不思議で
  ならない。 幾つもない満点の問題まで思い出される、もちろん大半が
  失敗ごとである。そうして先生がたの面々、今はどうしているだろうかと。
   今62歳を越え、自分の人生を振り返るに、あの時の頑張り、行動、考
  え方、熱中は何処で養われたのもか思いに耽るとき、母校の先生のあ
  の言葉、又あの時遣り切った自分への自信、友の言葉、これらが自分
  の応援団となって、自分を励まし、たかめ、努力し、納得した人生を送ら
  せて貰えたと感謝しています。この様に思える高校時代に改めて先生と
  友の皆様に感謝と御礼を申し上げ、母校への思い出とします。

     *******************************             
    
    【お願い】           
    
      新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
     の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下
    ります。
     ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)  
 

新校(母校)の校名公募のお知らせ

 投稿者:金城 尚樹  投稿日:2001年 9月10日(月)18時50分54秒
  神奈川県のプレスリリース(9月4日付)で、平高関係の記事が
出ていましたので、お知らせいたします。
 平成15年開校の新校の校名を広く一般から募るとの由(10月
31日(水))。応募された校名は、今後の校名決定の重要資料に
なるようです。
 詳細は、神奈川県庁のホームページに掲載(応募用紙、応募
方法等)されておりますので、ご参照下さい。
 

新着情報 9月 9日付(第10号)     

 投稿者:松陵会ホームページ委員会    投稿日:2001年 9月 9日(日)07時59分53秒
  松陵会ホームページマガジン
新着情報 9月 9日付  (第10号)   掲載内容     
  
     ①  松陵会ホームページ委員長より
      ②  幹事 川崎 寿律  (50年卒) より   
     ③  お願い   
     
      ********************************  

     【松陵会ホームページ委員長より】        
      
      秋の気配がただよい過ごしやすい気候になりました。
    皆様のお陰で松陵会ホームページは大変充実した内容になりました。
    秋の気候に合わせて、トップページを更新致いたしました。
     
      母校は平成15年度から新しい学校に生まれ変わります。
    母校の歴史の変遷紹介と生まれ変わる母校の概要を掲載致いたし
    ました。創立60周年記念事業には多くの会員が結集致し、母校に後
    押しをしていただきたくお願い申し上げます。
      
      今回は 会のすばらしさや役員会の良さを感じておられる幹事の
    川崎寿律様に登場いただき率直な感想を表現していただきました。
     ご参考にしていただき、創立60周年記念事業には多くの方々が
    ご参加していただくようお願い致します。
     
    ここで ホームページ上での新着情報を2点ご報告いたします。

     1   生まれ変わる母校の概要。
     2. 母校の歴史の変遷紹介。  
     
        ********************************   
   
      【幹事 川崎 寿律  50年卒より】    

         平高饅頭で、おなじみのかわさきやです
       先輩方には、いつも目にかけて頂きとてもうれしく
       事あるごとに、楽しみにしています
       なかなか通常の役員会に、出席出来ないのですが
       その後の、懇親会には都合がつけば、必ず出ています
       なんせ根っから、飲む方は嫌いでは、ないので??

        懇親会では、私の知らない情報や角度の違った意見など、
      聞けたりともろもろ面白いですよ。もちろん役員会の話も・・・

        まだ 例会や懇親会に、出てこられない諸君 
      是非 一度顔を出して見ては、いかがかな・・・!?
      後輩も増えてきました。とても頼もしいです。
      10月20日には、なつかしい顔が集まり、共に楽しもうじゃ
      ないか?
       
      
     *******************************             
    
    【お願い】           
    
   新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
  の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて
  おります。 ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。
  (メールで金子迄)  
 

新着情報 9月 2日付(第9号) 

 投稿者:松陵会ホームページ委員会    投稿日:2001年 9月 2日(日)08時05分55秒
  新着情報 9月2日付 (第9号) 
 
 掲載内容
  
  ①  松陵会ホームページ委員長より
  ②  林 多喜夫 60周年記念実行委員長より
  ③  お願い
  
       ********************************
  
 【松陵会ホームページ委員長より】           
 
 9月に入り真夏の暑さがなくなり、朝晩過しやすい気候になりました。 
松陵会60周年記念事業を1が月半余りとなりました。
 本日は 林多喜夫60周年記念実行委員長に登場いただきました。
 会員の皆様には色々ご無理を申し上げるご挨拶ですが、よろしくお
願い申し上げます。
 松陵会ホームページは皆様のおかげで、内容が充実いたすことが
出来ました。
 企業協賛は保険代理店のタカハシIC(株)が協賛していただきました。
また ソーラーカ大会の結果もご報告いたしてあります。
 現役の生徒や顧問が古墳奮闘いたしております。今後とも暖かい
ご理解をお願いいたします。
 
 ここで ホームページ上での新着情報を何点かご報告いたします。
 
  1. タカハシIC(株)保険代理店の企業協賛。

  2. ソーラーカ大会の結果報告。

      ********************************
  
  【林 多喜夫 60周年記念実行委員長より】
 
    松陵会の諸兄 お元気ですか。
  ご承知の通り、本年は松陵会創立60周年の記念すべき年になります。
  来る10月20日地元各界の名士及び学校関係者等をご招待して盛大
  に記念式典を行う事になりました。
    また、母校も近い将来、県立平塚西工業技術高校との統合により新
  たなる総合工業高校として発展することになり、誠に喜ばしい限りです。
    この意義ある日を祝福して、母校に記念品を贈り、母校と松陵会の
  益々の発展を祈念致したいと考えます。
    時節柄何かと大変ではございますが、諸兄の応分の資金協力をお
  願いする次第です。
   終わりに諸兄のご多幸とご活躍を心からお祈り申し上げます。       
           

        *******************************
         
  【お願い】     
 
 新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下
ります。
ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)
 

新着情報 8月19日付 (第7号) 

 投稿者:松陵会ホームページ委員会    投稿日:2001年 8月19日(日)09時16分46秒
 
松陵会ホームページマガジン

新着情報 8月 19日付  (第7号) 
 
 掲載内容
  
  ①  松陵会ホームページ委員長より
  ②  林 正儀 副会長より
  ③  お願い
  
       ********************************
  
 【松陵会ホームページ委員長より】           
 
 残暑お見舞い申し上げます。 
松陵会60周年記念事業を迎え、早2が月余りとなりました。今週末の
役員会に迎え、会長を中心といたしまして準備に追われております。
 会員の皆様にはこのホームページを通じてご連絡を申し上げます。
お願いする事が色々出てきますが、母校の今後の発展・復活のため
ご協力をよろしくお願いいたします。
 今週は新副会長に就任いたしました、心身気鋭の林正儀副会長に
登場願いました。彼の心意気を感じ、ご参考にしていただければ幸い
かと思います。

 
 ここで ホームページ上での新着情報を何点かご報告いたします。
 
1.松陵会60周年記念に向けての趣意書を掲載いたしました。

2 連絡の重要性をかんがみ、メール欄を分かりやすくいたしました。

      ********************************
  
  【林 正儀  副会長より】
 
 会員の皆様こんにちは
昭和39年、電気科卒。本部役員では一番ヤングの林正儀です。
副会長に相応しい器ではないのですが、先輩諸氏のご指導のもと、
微力ながら会の発展のお役にたてればと思います。
 ここで近況報告をさせて頂きます。
横須賀工業高校をふりだしに、母校平工に20年、そして平塚西工に
9年のあわせて33年間を高校教員として勤めてきましたが、この3月
31日をもって中途退職。新たなスタートをきることになりました。
どこにも勤めないので、 ぷー太郎状態。でも週2回の専門学校講師を
ベースに何とか夜露をしのいでいます。いずれ2年か3年後には会社
が興せたらいいなと思っていますが、世の中そんな甘いもんじゃありま
せんね。
 先日のNHKテレビで将棋の谷川名人の、必殺の七ー7桂を放映。
羽生名人の挑戦を、この一手で見事退けて奇跡の返り咲きを果たした
感動のシーンですが御覧になりましたか。

その谷川名人の座右の銘とは・・・・危処遊(危なきところに遊ぶ)。
松尾芭蕉のことばだそうですが、そんな心境でいたいものです。
                    

        *******************************
         
  【お願い】     
 
 新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下
ります。
ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)
 

新着情報 8月12日付(第6号) 

 投稿者:松陵会ホームページ委員会    投稿日:2001年 8月11日(土)21時10分13秒
  松陵会ホームページマガジン

新着情報 8月12日付(第6号) 
 
 掲載内容
  
  ① 福井 浩 副会長より
  ② 松陵会ホームページ委員長より
  ③ お願い
  
       ********************************
 
   【福井 浩 副会長より】

  私が松陵会へ係わりを持つようになったのは、ちょっとしたきっかけで
入会することになってしまった。その経緯はまたの機会に、譲るとして今回
はホームページにたずさわり驚きの発見をしたので皆様に披瀝しようと思
い立ちボードをたたきました。
 それは、我が母校の歌の詩がすさまじく「男臭さ,喧嘩礼賛,戦争華美,
ど根性もの等」の言葉が鏤められており、改めてこれらの詩を書き写そう
としたとき、我々昭和20年以前の誕生の人なら感情も入って歌えるが、
さて現代の卒業生諸君にわかって貰えるのかな?と疑問に思い提案して
みた次第です。
 題名をあげると、「大山おろし」ー陸上部応援歌で根性もの
  1 大山おろし肌寒く 花水川は凍れども 闘魂いよいよ火と燃えて 
     ただ愛校の純情に 感激溢れ涙あり 「平高健児の数え歌」ー
 
 これは戦前の歌詞であり、豪気節である。1番から10番まであり、内容
は戦争出陣にともなう学生の志気を鼓舞するものと蛮勇を掻き立てる内容
であり、現在では首を傾げるような歌詞である。そいつは剛気だね~ 「平
高ノーえ節」ーこれも学業はどっちでもよい腕力さえあれば、と どうもいま
いちおすすめの出来る歌詞とはいえない。
 長くなるので、各自昔の歌を引っぱり出して見てください。思いもかけぬ
発見があるかもよ。
ちょっと、いたずらをしました。本当は、誰よりも母校の歌が大好きな私
です。?
                    

 
        ********************************

  【松陵会ホームページ委員長より】           
 
 1年で一番暑い時期を迎えております。
先だって 松陵会幹事 林明次様の訃報が入りました。先だってまでご
元気であられたのに、突然旅立たれてしまったかと思うと残念です。
追悼会を松陵会役員会のご案内のなかで、ご紹介いたしておきました。
お世話になった方々はご参集いたしまして、供養いたしましよう。
 10月20日(土)の松陵会60周年記念まで2ケ月あまりとなりました。
『母校と歩む松陵会』という内容で、歩みの歴史を掲載いたして行きます。
 今回は、副会長の福井浩様のご尽力で歴代の会長をご紹介いたしま
した。今後 役員や松陵会の歴史をご紹介いたします。

 
 ホームページ上での新着情報を何点かご報告いたします。
 
1.松陵会の歴史のなかに『母校と歩む松陵会』を掲載いたしました。
2.松陵会60周年記念に向けての役員会のご案内を掲載いたしました。
3.故林明次様の追悼会のご案内を役員会のご案内の次に掲載いたし
   ました。
 

      ********************************
         
  【お願い】     
 
 新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分
の間、お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下
ります。
ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)
 

訃報

 投稿者:松陵会ホームページ委員会    投稿日:2001年 8月 8日(水)21時55分51秒
  松陵会幹事 林 明次様 逝く‥‥ 

松波正利様から、弔意メールが届く……

 幹事、林明次には、8月6日午前1時、本当に旅に出てしまいました。 それも永遠の世界に、誰にも何も言わずに、ひとりでの、遠い遠いたびに。旅にーーー  身内もなく、8日にだび お別れでした。何もなく。 うっすらと微笑んでの、ご冥福を祈り、ご報告まで。林先輩の、気ずかい、やさしさも、いまは、何もなし、先輩に、ありがとう、 贈る言葉は、ありがとう、あせらず、ゆっくりと、まだまだ、遅刻で、もっと遅刻で、ゆっくりと、遅れて出てきますよ、 参加者 林(明)。いつものペースでゆっくりと。 でも、さようなら。 皆さんのあたたかい 心意気を先輩に、---(コモエスタ赤坂、今耳元に静かに流れます。)  
 【ほら、なにしてる、この、ぼけが、 ---】
 

新着情報 8月 5日付  (第5号) 

 投稿者:ホームページ委員会  金子  メール  投稿日:2001年 8月 4日(土)22時22分57秒
  新着情報 8月 5日付  (第5号) 
 
 掲載内容
  
  ① 松陵会ホームページ委員長より

  ②  お願い

  
       ********************************
 
        
 【松陵会 ホームページ委員長より】           
 
 暑さが戻り、一番大変な季節になりました。
先だって 立派に仲間作りをいたしております小田原松陵会からさらに
発展いたしました南足柄松陵会の発足総会に参加いたしました。
 金時の地で同窓の諸先輩がこんなにも頑張っているのかと、平高の
伝統の重さに感激いたしました。 10月20日(土)の松陵会60周年記念
には、多くの同窓の方々がご参集いただくよう会長以下新役員一同で
頑張って取り組んで行きます。
 
 ホームページ上での新着情報を何点かご報告いたします。
 
 1.南足柄松陵会の発足総会の様子と役員を紹介いたしました。
 2.新着情報を紹介いたす松陵会ホームページマガジンを、松陵会
   ホームページの会員のご自由な意見欄に掲載いたしました。 
 3.最新情報を見やすくとの声で、新着情報の松陵会ホームページ
   マガジンの紹介をトップページに入れました。

 

松陵会ホームページマガジン

 投稿者:ホームページ委員会  金子  メール  投稿日:2001年 7月29日(日)07時59分59秒
  松陵会ホームページマガジン

新着情報 7月29日付  (第4号) 
 
 掲載内容
  
  ① 内藤光孝 会長より  
  ② 松陵会ホームページ委員長より
  ③ お願い

       ********************************

  【内藤光孝 会長より】

 7月23日から26日までの4日間 I T の講習会に参加いたしました。
昨年の、10月から松陵会の講習会に参加させていただいたことが、
今回の受講に役立ったことを感謝しております。
 ところで、夏は、私も、ヤボ用が多くてテンヤワンヤ、でも出来る時
に出来ることをする事が、生きがいと思い頑張っております。特に今
年は、お宮の役員をおおせつかり、7月21日と22日の二日間猛暑の
中を御神輿といつしょに六町をまわりました。だいぶ疲れましたが、
月約2回の、ゴルフで鍛えた成果と、満足しております。これからは、
60周年に向けて、スタミナを調整し、多くの、皆様にピーアールする
事により、盛大な記念式典を成功させるよう、皆さんで頑張りましょう。
松陵会の、益々の、発展を祈念すると共に、会員の皆様の絶大なる
ご協力をお願いいたします。

 
        ********************************

 【松陵会*ホームページ委員長より】                

  猛暑も一休みいたし、心地よい気候です。
来週から暑さが戻るようです。松陵会ホームページも暑さ対策でトップ
ページを涼しくいたしました。
 先だっての役員会で承認いただいた新役員名簿を掲載いたすことが
出来ました。
 10月20日(土)の松陵会60周年記念事業に向けて会長以下新役員で
頑張って取り組んでおります。
 ホームページ上での新着情報を何点かご報告いたします。
 
 1.役員会のご報告を会員掲示板の事務局よりの連絡にご報告いた
   しました。併せて新役員の方々の紹介をいたしました。
 2.松陵会幹事であります市川正雄様の市川自動車観光の企業協賛
   を、『会員ニュース』に掲載いたしました。
 3.最新情報を見やすくとの声で、新着情報をトップページに入れました。

 内藤会長や福井副会長みずから IT時代に対応いたして猛勉強中
です。7月23日から県主催のIT講習会に4日間見事皆勤いたしました。
福井浩様はホームページ作成まで研修いたし、ますますご元気になられ
ました。
             


 〒 254-0075
 平塚市中原 3-14-17
 自宅電話 0463-36-8525
 携帯電話 090-9960-8989
 アドレス  h.kane@mc.scn-net.ne.jp(ご意見はこちら迄)
 役職 松陵会副会長  ホームページ委員長  金子 洋 
     
 ********************************
         
  【お願い】     
 
 新着情報は毎週日曜日に松陵会ホームページマガジンとして当分の間、
お届けいたしたいと思います。PC講習会の代わりと考えて下ります。
ご賛同される方は、一緒に投稿いたしましょう。(メールで金子迄)

 

レンタル掲示板
/6